新様式の切溝法の開示

 石臼の権威 故三輪茂雄名誉教授 でさえ 提案されていませんでした。 粉の粒度分布が広い粉 より調理される食材は食感 よく 美味です。そこで いままでの 経験を踏まえての集大成  新様式の石臼の目立て法を提案するものです。季節が過度に寒暖の差が激しい条件のなかでも めずまりの無い 連続製粉に支障ない目立て法を提案できます。溝幅 中心、外周部も同じ幅 セリは深さで外周部へだんだん浅くなっていく 含みのセリ とともに臼面調整する 溝幅を分画ごとに変え 粉の粒度分布をコントロールします。                                                                                                                                                                            
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック